もっとどうにかなんないのこれ、あるいは未来に変わっていそうなこと。part1

f:id:nerumaga:20180809091020j:plain


みなさんこんにちは、ねるです。

今回は、僕が日常的に「どうにかなんないのかな?」と思っていることについてザーッと書いていこうと思います。数年後には変わりそうなものから、まだまだ変わらなさそうなものまでいろいろあります。

 

目次

パスワード

f:id:nerumaga:20180814075014j:plain

パスワードが必要になるもの多すぎなんですよね。使いまわすのが危険なのは分かるんですけど、全部のパスワード覚えるのも面倒だし、メモ帳にメモったとしても、そのメモ帳を無くす自信があります(笑)

STOP! パスワード使い回し!キャンペーン2018

 

それに、将来的に量子コンピュータが実用化されると現在のパスワードはあってないようなものになるとかいう話もありますし。おそらく、パスワードのかたちは今後変わっていくでしょう。

クレジットカード

f:id:nerumaga:20180814075011j:plain

僕も普段お世話になっているクレジットカードですが、それの何が問題なのかというと「セキュリティの低さ」です。

 

僕はバイトでレジ打ちをしているのですが、常連でかつクレジットカード払いのお客さんはたくさんいます。ぶっちゃけ、狙いをつければ名前やカード番号、セキュリティコードまで覚えるのは簡単にできてしまいます(やりませんが)。

実際、そういった事件がときどきあります。

預かったクレカを盗み見 ネット通販で不正利用急増 :日本経済新聞

 

日本でクレジットカード利用率が少ないのも不正利用を警戒している人が多いからではないでしょうか。

 

 

ロック機能付きクレジットカードも出てきているそうですが、はやく電子決済や生体認証等が進むといいですね。

三井住友VISAカードが世界初のロック機能付きクレジットカード「MAMOLEAD(マモリード)」を発行! - The Goal

 

自動改札(ゲート)

f:id:nerumaga:20180814075008j:plain

人混みが苦手なんですよね。電車降りてから自動改札を通るときってどうしても人が殺到するじゃないですか。あれが苦痛な人は結構多いんじゃないでしょうか。

 

電車を降りたら、それぞれが自由な方向に移動できた方がいいに決まってます。世の中のあらゆるゲートがなくなるといいですね。

ゲートのない自動改札、三菱電機が将来の駅のコンセプトを提案 | 日経 xTECH(クロステック)

 

横断歩道

JAFの調査によると、歩行者が待つ「信号機のない横断歩道」で一時停止しなかった車の割合は、9割にも上ったそうです。僕も歩いて行動することが多いのですが、待っても待っても誰も止まってくれないということがよくあります。

 

道路交通法では、「横断しようとしている、あるいは横断中の歩行者や自転車がいるときは必ず一時停止をする」と定められており、ドライバーは横断歩道の直前でクルマを一時停止させ、歩行者や自転車の通行を妨げないように義務付けられています。

 

それでも止まる人が少ないのは教育や思いやりの問題かと思いますが、歩行者がいるときだけ信号になるなど、テクノロジーを使って解決してほしいです。

JAF 思いやりティ ドライブ(Omoiyalty Drive) 【優しい運転で、みんなが笑顔に。】

 

自動車

f:id:nerumaga:20180814075021j:plain

これは、問題というよりかは願望の話になりますが、「はやく飛んでほしい」。それだけです(笑)

自動車が飛ぶ姿はSF映画でよく見かけますが、やはりロマンがありますよね。

空飛ぶ車に未来はあるのか|INFORIUM|NTTデータ

 

トイレ

これはあれですね。座り心地やウォシュレットとかの話ではなく、「空き状況」の話です。お腹痛くてトイレに駆け込んだのに空いてなかったときの絶望感といったらもうね。ヤバいですからね(いろんな意味で)。

 

施設を運営する側からしても、利用頻度等が分かれば「もっとトイレを増やした方がいい」とかの判断がつきやすいですしね。

 

既に導入されているところもあるそうですが、もっと広まってほしいです。

スマホでトイレの「使用中」「空室」がわかる! もう列待ちが無くなる? 最新IoT「トイレsearching」 - ライブドアニュース

 

おわりに

まだまだあるんですが、今回はこの辺でおしまいです。

もし、「これ、なんとかならないかな」と思うことがあれば、ぜひコメントをお願いします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☺

吊り橋効果ってほんとなの?

f:id:nerumaga:20180703131627j:plain


みなさんこんにちは、ねるです。

片思いの相手を振り向かせたい!

そんなときに、恋愛テクニックとしてよく聞く「吊り橋効果」

今回は、「吊り橋効果ってほんとなの?」と題して実際の実験内容について解説していこうと思います。

 

目次

 

吊り橋効果ってなに?

吊り橋効果

不安や恐怖を強く感じている時に出会った人に対し、恋愛感情を持ちやすくなる効果のこと。

1974年、カナダの心理学者であるダットンとアロンが、つり橋を使って実験した結果を元に提唱した学説であるため「つり橋理論」「つり橋効果」といわれる。

吊り橋効果 コトバンク より引用させていただきました。

かんたんに実験内容を説明

①ゆらゆら揺れる吊り橋を渡る男性と、頑丈な橋を渡る男性の2グループに分けそれぞれ1人で橋を渡ってもらいます。

 

②渡った先にはアンケートをとってくれる女性がいます。アンケートが終わると、「実験について何か他に気になることがあれば連絡してください。」と連絡先を教えます。

 

③すると、「頑丈な橋を渡った男性より、不安定な吊り橋を渡った方が連絡する率が約1.7倍も高かった」というのが吊り橋効果の概観です。

 

揺れる吊り橋によるドキドキを、魅力的な女性を見たことによるドキドキと取り違えてしまったということですね。

裏話

ここまでの話なら「そんなの知ってるよ」という人も多いかと思います。

ですが、この話にはあまり知られていない裏話があるんです。

 

それは……

吊り橋効果の恩恵を享受できるのは美女に限る

ということです。「ただし、イケメンに限る(今回の場合は美女ですが)」というやつですねー(笑)

 

女性が魅力的でない場合は、吊り橋効果は起こらないどころかむしろ逆効果です。吊り橋効果に期待するのは、自分の外見に自信がある人だけにした方がいいですね。

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

 

まぁ、人間は顔ってことなんでしょうねぇ…(遠い目)

吊り橋効果試してみた人のコメント募集中です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☺

転売問題について考える part2

f:id:nerumaga:20180808201713j:plain


みなさんこんにちは、ねるです。

 

目次

 

はじめに

 以前、転売問題について考えた記事を書きましたが、その記事では転売問題の解決策として「チケットの価格を上げればいいのではないか」という案を提示しました。

 

まだ読んでない人はこちら☟☟☟

nerumaga.hatenablog.jp

 

ですが、あれからまた転売問題について調べていたところ、チケット価格を上げられない理由に「ある組織」が関わっているのではないかということを発見しました。

 

その組織というのは、

J A S R A C

です。

JASRACジャスラック)について

名前は聞いたことあるという人は多いかと思いますが、何をしている組織なのかはよくわからないという人は意外と多いと思うので説明します。

JASRACジャスラック)は、一般社団法人日本音楽著作権協会のことです。

Japanese Society for Rights of Authors,Composers and Publishers

の頭文字をとってジャスラックと呼ばれています。

 

JASRACは、膨大な数の管理楽曲をデータベース化し、演奏、放送、録音、ネット配信などさまざまな形で利用される音楽について、利用者の方が簡単な手続きと適正な料金で著作権の手続きができる窓口となっています。

そして、お支払いいただいた使用料は、作詞者・作曲者・音楽出版者など権利を委託された方に定期的に分配しています。

東京にある本部のほか、全国の主要都市に支部を置いて、主にコンサートやカラオケなどの演奏について世界にも類をみないきめの細かな管理を行っています。

JASRACの紹介 JASRAC より引用させていただきました。

 

ざっくりまとめると、

「アーティスト、作詞者、作曲者、出版社のような著作権者が音楽活動に専念できるように、代わりに著作権の管理をやるよ」

ということですね。

 

実際、JASRACが管理している曲の数は国内作品が約161万曲、外国作品が約236万作品です(2018年3月31日時点)。

こうした管理曲から得られる収入は、1100憶円にのぼります。

 

 JASRACとチケット代の関係

コンサートのチケット代がJASRACにどう関係しているのかというと、コンサートにおける著作権使用料の料金設定システムに関係があります。

使用料計算シミュレーション JASRACをみると、著作権使用料の算定には入場料、会場の定員数、曲数が関係しているのですが、この入場料がくせ者で「入場料にS席、A席等、等級がある場合は、平均額を入力してください。」とのことなんです。

 

例えば、会場の定員数、曲数がそれぞれ5万人、20曲だとすると、1講演の概算使用料は

①チケット代が一律10000円の場合

著作権使用料は約450万円かかります。

②そこで、1000席だけ1席50万円、500席だけ1席100万円のプレミアチケットを用意した場合

(平均チケット代が29700円になります。)

 著作権使用料は約1260万円かかります。

 

このように、著作権使用料は平均チケット代の額が増えるほどに増加します。今回の例では、会場の定員数が多いため、さほど平均チケット代が上がることはありませんでしたが、小さな会場だとプレミアチケットから得られる追加収益より使用料の増分の方が多くて赤字になる可能性もなくはないと考えられます。

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

僕がJASRAC著作権使用料を払った経験があるわけでもないので、実態とは異なる可能性がありますが、少しは関係しているんじゃないでしょうか。

詳しい方のコメントお待ちしております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☺

道徳について考える part1

f:id:nerumaga:20180808201858j:plain


みなさんこんにちは、ねるです。

 

今回は、「道徳について考える」ということで、はじめに「法と道徳の違い」について確認しようと思います。

 

目次

法と道徳の違いって?

「あなたは法と道徳の違いを説明できますか?」

たとえば、「人を殺してはいけない」ということについて法と道徳両方の観点から考えてみましょう。

 

もっと詳しい記事はこちら☟☟☟

nerumaga.hatenablog.jp

 

刑法199条~203条に殺人罪として罪が規定されていますし、道徳的にも人を殺してはいけないとほぼ100%の人が理解していると思います(↑の記事では法も道徳も否定していますが、めんどくさくなるのでここでは無視します)。

これだと、どちらも「殺人⇒悪いこと」とされているので、あまり違いが分かりませんね。


では、仮に僕が誰かを殺したとしましょう。
(注:あくまで仮の話ですよ)

先ほど述べたように、日本では殺人は殺人罪として罪が規定されているので、僕は死刑または無期もしくは5年以上の懲役が科せられます。

さて、このとき道徳はどうするのかというと……

 

「おーーーっと!!! 道徳!! 何もできません!!」

そうなんです。道徳さんはこういうとき、なんの役にも立たないんです…。

すみません、すこしおふざけが過ぎました。
ですが、法と道徳の違いは簡単に言うとこういうことなんですね。

つまり、法は違法行為に対して国家による何らかの強制手段を持っているのに対し、道徳は個人の自発的意思によって守られるものなんです。

また、言葉を変えると
法は外面性を重視し、
道徳は内面性を重視する
と言うことも出来ます。

 

ドクターキリコが患者の望み通りに安楽死を請け負ってもそれは違法になります。まぁ、道徳的に正しいともいえるか分かりませんが。
※何を言ってるか分かんないという人は、『ブラックジャック』を読むことをオススメします。

 

道徳さんを悪く言い過ぎたので、今度は道徳さんのいいところも紹介しますね。

児童生徒が,生命を大切にする心や他人を思いやる心,善悪の判断などの規範意識等の道徳性を身に付けることは,とても重要です。   

道徳教育:文部科学省http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/doutoku/www.mext.go.jp

より引用させていただきました。

つまり、道徳さんのおかげで生命を大切にする心や他人を思いやる心、善悪の判断が出来るようになるんですね。すごーい(棒)。
(…じゃあ、なんで ピー(自主規制) な人がいるんでしょうね(小声)

 

まぁ、何はさておき

法は義務の強制が可能!
道徳は義務の強制が不可能!

ということですね!

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

次回は、道徳ジレンマについて考えるということで、トロッコ問題、歩道橋問題を取り上げようかと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☺
 

耳に違和感を感じたらすぐに耳鼻科へ行った方がいいよという話

f:id:nerumaga:20180807234016j:plain


みなさんこんにちは、ねるです。

この記事は、現在耳に違和感を抱いている人はもちろん、そうでない人にもこれからのために知ってほしい、ということで書いています。

 

目次

ある日、突然耳に違和感

「ある日、突然耳がおかしくなりました。」

と言うと「は?」って思うと思いますが、本当におかしくなったんです(笑)

 

具体的には、耳に水が入ったような感じで、人と話すと自分の声が響いて聞こえるといった症状(自声強調と言うらしいです)でした。あとちょっと痛い。

初めての症状だったんで最初はかなり慌てましたが、基本楽観的なので「まぁ、放っておけば治るっしょ」と思っちゃったわけです。(正直に言うと、病院って苦手なんですよね(笑)) 

 

放置してもなかなか治らない

ところが全然治りません。というか悪化してる気さえしました。

耳触ると痛いし、ついでに何だか知りませんが顎まで痛くなりました。

そこで、ようやく「耳 違和感」、「耳 痛い」などとググってみると(もっと早くググれよ)、中耳炎とか外耳炎とか耳管解放症とかいかにも怖そうな病名がどんどん出てくるんですよね。しかも結構症状が当てはまってるんですよね。いやー、怖い怖い。

 

ついに耳鼻科へ

ヤバい病気にかかったんじゃないかとドキドキしながら耳鼻科に行きました。

診察が始まると、まずは耳の中をカメラで撮影しながら状態を確認されました。案の定、耳の中は炎症で真っ赤っ赤で腫れてました(笑) 

でも、先生も別に深刻そうな様子は特になく、「うわぁ、これは痛いでしょ~」くらいなレベルだったんでそこそこ安心しました。(ただ慣れてるだけかもしれませんが)中耳炎や外耳炎ではなかったみたいです。

耳が聞こえるかどうかで重症度が変わるそうですが、僕はふつうに聞こえてたので薬を出してもらって終わりました。てっきりなにか特殊な機械を使って治療してもらえると思ってましたが、そういうわけではないんですね。

 

薬ってすごい

薬ってほんとすごいですね。処方された薬は、炎症を抑える点耳薬と痛み止めの飲み薬でしたが、使って2,3日で症状が和らいできて、1週間くらいで症状は完治しました。

 

 

自分の自然治癒能力に頼るくらいなら、薬飲んだほうがいいと思った瞬間でした。診療代+薬代合わせて2000円くらいでしたが、2000円で治せるなら安いものです。

 

おわりに

今回の件から得るべき教訓は、

「身体に違和感を感じたらさっさと病院行った方がいい」

ということですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☺

自己責任について考える part1

f:id:nerumaga:20180716011820j:plain

みなさんこんにちは、ねるです。

今回は、「自己責任」について考えていこうと思います。

 

目次

はじめに

この記事を書こうと思ったきっかけは、先日公開されたシリアの武装組織に拘束されている安田順平さんのニュースです。

このニュースに対してTwitterを見ると「かわいそう、助けるべき」という意見もあれば、「自己責任だ」という意見も多くみられました。

まずは、その一部をご覧ください。

 

助けるべき派

 

 

 

自己責任派

 

 

 

Twitterアンケートをした人もいたようです。

 

こちらは安田順平さん本人の過去のツイート

 

僕が思ったこと

ほんとに難しい問題ですよね。どちらの言い分もある程度納得です。

個人的には、安田さん個人レベルで考えると自業自得だと思いますが、国レベルだと助けるべきだと思いますね。ツイートを見た限り安田さん自身にもそれなりの覚悟があって行ったように思えますし、国が「自己責任。助けない。」というのは国としてどうなのかなと思います。

 

ただ、Twitterを見てて思ったのは、

「自己責任と言う人=人間性がない、クズ、ネトウヨ

「韓国人って言ってるんだから関係ないでしょ」

みたいなのもなんだかなぁと思いました。

 

実際問題として、武装組織に簡単にお金を渡すにはいかないだろうし、どうやって救出するのか、どれだけの代償を払えるのかは難しいところです。これからどうなるかは分かりませんが、もし2015年の後藤さんらの時のように救出が出来なかったとしても、日本政府をすぐに無能と決めつけるのはどうかと思います。

 

おわりに

自分の中で納得解が出せず、「どうなのかなぁ」みたいな薄い主張になってしまいましたが、あなたはどう考えますか?

 

次回からは、いったんこの問題からは離れて、

  • 自己責任かそうでないかの境界線はどこにあるのか
  • 自己責任社会の生き方

などについて考えていければなと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☺

アフィリエイトなんてやらない方がいいよ

f:id:nerumaga:20180703111603j:plain


みなさんこんにちは、ねるです。

今回はアフィリエイトについて話していこうと思います。

 

目次

はじめに

アフィリエイトと言うと

「なんか怪しい」

とか

「楽して儲ける」

と思っている方が、少なくありません。

ですが、アフィリエイトは、実際にはかなり難しいものだということを紹介しようと思います。一応言っておくと、このブログはアフィリエイト目的でやっている訳ではありません。趣味です。

 

nerumaga.hatenablog.jp

 

実際アフィリエイトって稼げるの?

特定非営利活動法人アフィリエイトマーケティング協会」の調査によると、アフィリエイトでの1か月の収入は、全回答者2450名のうち「収入なし」が23.3%でもっとも多く、「1000円未満」が14.5%でした。

市場調査|アフィリエイトマーケティング協会

 

つまり、3人に1人は月に1000も稼げていないということです。(僕もその一人ですが)

 

このデータをどう受け止めるかは人それぞれだとは思いますが、決して「楽に稼げる」というわけではないという事は分かっていただけたんじゃないかと思います。

 


アフィリエイトのここが難しい

では、ここからは具体的にアフィリエイトのどこが難しいのかを考察していきます。

アフィリエイトに必要な能力

アフィリエイトを成功させるには、大前提として「文章力」が必須です。

ここで言う文章力も、自分の意見、主張を論理立てて相手に説明する能力のことでもありますし、興味を惹くタイトルを作る能力、文を読ませるだけでなくリンクをクリックしてもらい商品を購入してもらう能力などさまざまです。

他にも、ブログ初心者の僕が考えられるだけでも

などの知識が必要だと感じています。

 

成果が出にくい

よほどバズらない限り、最初のうちはPVもほとんど得られず収入は0円です。

さらに、PV数が徐々に増えてきても、所詮PVは機械的な数字でしかなく、ブログを読んだ読者の顔まで見ることはできません。

お金を稼ぎただけの動機では、モチベーションを保つのは難しいかと思います。

 

じゃあ、なんでブログやってるの?

僕は今のところアフィリエイトはやっていないので、ブログに置き換えて説明しますね。

ブログをやっている理由は、ひとことで言うとアウトプットの能力を上げたかったからです。アウトプットの手段は、文章でも、口頭でも、絵でも、音楽でも、言ってしまえばどうでもよかったんですが、とりあえず一番始めやすかったのでブログを書くことにしました。(人見知りで、絵が下手で、音痴なのはナイショの話です。)

 

あと、好きな作品を魅力的に紹介したい、おもしろかった体験をおもしろく話したい、というのもあります。超好きな作品があるのに、ボキャ貧が原因でうまく紹介できないなんてもったいないじゃないですか。

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

結論として、アフィリエイトは「楽して稼ぎたい」と思っている人はやめた方がいいです。

逆に、文章力をつけたい人にはオススメですよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☺