こんなはずじゃなかった修学旅行の話

今週のお題「修学旅行の思い出」

みなさんこんにちは、ねるです。

なんか眠れないので、はてなブログの今週のお題だった「修学旅行の思い出」をサラッと書きます。

修学旅行の中でも、今回語る修学旅行は「中学生時代の修学旅行」です。あえて1番つまらなかったものを選んでみます(笑)

※丁寧語もめんどいから使いません。思いのまま書きます。


中学校の修学旅行は、散々だったなー。

まじで行きたくなかった。
1人旅行だった。
などなど負の感想しか出てこないまである。

あ、別にいじめられてた訳じゃないんよ!
むしろ接待されてたような気がする(笑)

まぁ、順を追って説明すると、

中学2年の3月に親の事情で転校させられたんよ。

もともと修学旅行で行く予定だったのは北海道。
転校先で行くことになったのは沖縄。
まさかの真逆っていうね(笑)


2年の3月に転校して、
3年の4月に修学旅行だからね(笑)

友だちはいないし、グループには仕方なく入れられる感じだし。
やりづらいったらありゃしない。

もといた学校が好きだったせいか、転校先でうまく振る舞えなかった俺の責任でもあるんだけど。

なんで俺はコイツらと修学旅行に行かなきゃならないんだ?(笑)って気持ちでいっぱいだった。


そんな憂鬱な修学旅行も帰ってくる頃には割と仲良くなってはいたんだけど。
ある意味忘れられない修学旅行だったなぁ。


・・・そういえば結局北海道行けてないから、そのうち行ってみたいな。うん、いつか行こう。


なんて中身のない記事だろうか。
まぁ、いっか。
そろそろ眠くなってきたし。
おやすみなさい。