ねるマガ!

僕が学校で教わりたかったこと、全部教えます。

凡人大学生の資格取得はアリでしょって話

みなさんこんにちは、ねるです。

 

今回は、「資格取得って意味あるの?」って話です。

(今回は丁寧語です。)

 

 

そもそも、「凡人とは」っていうことについては今回の趣旨ではないので、素直に

特にすぐれた点もない人。普通の人。また、つまらない人。

Google検索より引用

ってことにします。

(一応書いたけど、天才の定義と違って凡人の定義で揉めることってそんなないか)

 

つまり、僕みたいな人のことです。

(いや、つまらない人と自称するのはあまりに悲しいのでそこだけはカットで)

 

この話をしようと思ったきっかけは、

「これからの世の中は資格なんて役に立たない」

とか

「大学生はせっかく時間があるんだから遊ぶのが正解」

みたいなことを言う大学生がいるからです。

 

そういう人たちに対して

(´⊙ω⊙`)。o(何言ってんだこいつ

って思ったので書いてます。

 

結論から言うと、

「凡人の大学在学中の資格取得は、70点くらいの回答である」と考えてます。

 

1つ記事を引用します。

入社3年目までの先輩が語る!大学時代にやっておけばよかった10のこと(前編)| 大学生活 | マナビジョンキャリア

ベネッセ先生から引用

この記事の中では大学時代にやっておけばよかったことが前後編合わせて10個挙げられてます。

その結果がこれです。

①留学

②旅行

③語学

④資格取得

⑤勉強・研究

⑥交友関係を広げる

⑦アルバイト

⑧趣味

⑨サークル

⑩ボランティア

まぁ、アホくさいリストなんですが、

(引用しておいてこういうこと言うのはマナー違反かな)

 ③~⑤が勉強関係で⑧、⑨が遊び関係ですよね。

 

十中八九③~⑤を言った人が学生時代に遊んで後悔してて、⑧⑨が学生時代に勉強して後悔してるって感じでしょう。

 

要は、

「どっちを選択するか」

ただそれだけの話なんだってことです。

 

ここで重要なのは、

「自分が選択しているという意識を持つこと」

 です。

 

漫然と流されているから、後悔が生まれます。

この意識がない人、どちらにしろオワコンです。

 

(・・・あれ、話がちょっとズレてる?でも重要なことだからこのままいこう。(小声))

 

僕は、資格取得の方がマシだと思ってるから公認会計士を目指してるし、サークルに入ってウェイウェイしてる人たちをみると、

「こいつ起業するわけでもないだろうに、自分に市場価値あると思ってんのかな」とか思います。

 

きっと、「今は売り手市場だし一応地方国立卒業してんだからどっか入れるっしょ」くらいの気持ちでいるんでしょう。(そんなことも考えてなさそうに見えるとか思って・・・ないよ?)

 

念のため、もう一度言いますが、

何を選ぶかは個々人の自由です。

 

もし、「自分にはこういう戦略があるから大学時代は目一杯遊ぶ」とかいうのなら、むしろ僕なんかよりずっと優秀だと思います。(プランが優れていた場合に限る)

 

もし、この記事を読んでいる人の中で、資格取得を目指してる人がいたら、

「資格なんて意味無いよ」などと、真剣に考えもせず言う人には堂々と「俺の前から消えろ!」と言ってしまいましょう。

(実際にはもっと柔らかい言葉で言ってね)

 

そういう人間は、今後もずっと、あなたが頑張っているときにネガティブな言葉で邪魔をしてきます。付き合わないのが得策です。

 

 

いろいろと言いたいことがありすぎてまとまりのない話になってしまいましたが、結局は

自分で考えて自身を持って行動しろ

ってことです。

 

 

こんなたどたどしい文章をここまで読んでくれた優しい方がいるか分かりませんが、少しでも何かの後押しになったのなら幸いです。

ありがとうございました(_ _)

 

アウトプット下手すぎ問題を早急に解決しなければならない。