ねるマガ!

明日から本気出す。

優しさについて考える


f:id:nerumaga:20180703131625j:image
みなさんこんにちは、ねるです。

 

今回は、「優しさ」について考えていこうと思います。

 

「優しい人になりたい」

「気が利く人になりたい」

という方の参考になれば幸いです。

 

はじめに

はじめに、なんでこんな記事を書くのか理由を説明します。

それは、僕が生まれてこの方、他人から「優しい」と言われ続けてきたからです。

 

別に自慢してる訳ではありません。

むしろ、あまりに「優しい」と言われ続けて、

「いい人=どうでもいい人」というやつなんじゃないかと疑ってるレベルです。

 

さらには、

「優しいなんて他に褒めるところが無い人にいうセリフ」

響けユーフォニアム アニメ版第7話より

この言葉を聞いて、

「あ、俺これじゃん(´・ ・`)」

と心を痛めたくらいです。

 

優しさをジャンル分け

優しさについて考えていると、優しさは

「思考としての優しさ」 と

「行動としての優しさ」

の2つに分類できるということに気づきました。

 

「気づいた」とは言っても、優しい心がなければ行動に現れませんし行動しなければ、どれだけ内に優しい心をもっていようとも、他人からは分からないので当たり前の話ですね(笑)

 

ということで、順に、優しさに関係しそうなものをバーッと挙げて、ちょこちょこ説明を加えるという感じでやっていこうと思います。

※自分で自分のどこが優しいのか分かっていないため、関係ないものが含まれている可能性が多分にあります。ごめんなさい。

 

思考としての優しさ

・全体幸福を求める

・他人に期待しない

・ユルい

・おだやか

・ポジティブ

一番関係ありそうなのが、「全体幸福を求める」ですね。

深掘りしていきます。

 

僕の根底にあるのが

ベンサム「最大多数の最大幸福」

宮沢賢治「世界全体が幸福にならないうちは、個人の幸福はありえない」

という考えです。


「世界全体」とは言いませんが、自分の周囲の人々が不機嫌だと、なんとなく嫌なので、「自分と周りの人々」くらいは幸せにしたいと思っています。

 

では、全体幸福を求めるために、何を意識するかというと

「適材適所」「自己犠牲」がポイントだと思っています。

 

適材適所
人の能力・特性などを正しく評価して、ふさわしい地位・仕事につけること。

適材適所(テキザイテキショ)とは - コトバンク 

より引用させていただきました。

 

自己犠牲

自分を犠牲にして他のために尽くすこと。

自己犠牲(じこぎせい)とは - コトバンク

より引用させていただきました。

自分が得意なこと・好きなことを追求することで全体幸福がなされると思っています。つまり、苦手なことは無理にやらずに、得意なことでまわりを助けられるくらい極めるということです。

 

自己犠牲については、「他人のために尽くせ」とまでは言いませんが、

「誰もがちょっとだけめんどくさがること」を率先してやるのがいいと思います。

 

ここで、ただの便利屋扱いされないようにするのが難しいところですね。

「このくらいがベスト」という基準は分かりませんが、人をモノ扱いするようなクズを相手にしても、こちらの利益になることはないので、そういう人は相手にしない方がいいです。

 

行動としての優しさ

・説明は丁寧に(「何でわかんないんだよ」とは言わない)
・褒める
・相手が頼みにくいことは自分から提案する
・口が堅い
・「借り」を重視、「貸し」を軽視
・大声で喋らない
・基本怒らない
・陰口を言わない
・他人を叩かない(物理的にも精神的にも)
・他人の足を引っ張ろうとしない

 

「行動としての優しさ」の根底にあるのが

 論語「己の欲せざる所、人に施すこと勿れ」という教えです。

特に、後半の5つがそうですね。

 

「己の欲せざる所、人に施すこと勿れ」

自分がして欲しくないと思うことは、他人にとっても同じなのだから、他人にすべきではないということ。

己の欲せざる所は人に施す勿れ - 故事ことわざ辞典

より引用させていただきました。

 

「自分のしてほしくないことは他人にしない。」

僕はごくごく当たり前のことだと思っているんですが、自分には優しく他人には厳しい人はたくさんいますよね。

どうにかしてほしいですね(笑)

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

優しくなりたい人の参考になったなら幸いです。

 

いろいろ書きましたが、「自分を優しい人間だと思ってない」ことが一番重要だと思います。「私、優しいでしょ?(ドヤッ」みたいな雰囲気をかもしだすと、途端に逆効果になります。

 

また、これから優しい人になりたいという人には

「他人に期待しないこと」も重要だと思っています。

このことについては別の記事で書く予定です。

※でき次第、リンクを追加します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☺