ねるマガ!

僕が学校で教わりたかったこと、全部教えます。

道徳について考える part1

f:id:nerumaga:20180808201858j:plain


みなさんこんにちは、ねるです。

 

今回は、「道徳について考える」ということで、はじめに「法と道徳の違い」について確認しようと思います。

 

目次

法と道徳の違いって?

「あなたは法と道徳の違いを説明できますか?」

たとえば、「人を殺してはいけない」ということについて法と道徳両方の観点から考えてみましょう。

 

もっと詳しい記事はこちら☟☟☟

nerumaga.hatenablog.jp

 

刑法199条~203条に殺人罪として罪が規定されていますし、道徳的にも人を殺してはいけないとほぼ100%の人が理解していると思います(↑の記事では法も道徳も否定していますが、めんどくさくなるのでここでは無視します)。

これだと、どちらも「殺人⇒悪いこと」とされているので、あまり違いが分かりませんね。


では、仮に僕が誰かを殺したとしましょう。
(注:あくまで仮の話ですよ)

先ほど述べたように、日本では殺人は殺人罪として罪が規定されているので、僕は死刑または無期もしくは5年以上の懲役が科せられます。

さて、このとき道徳はどうするのかというと……

 

「おーーーっと!!! 道徳!! 何もできません!!」

そうなんです。道徳さんはこういうとき、なんの役にも立たないんです…。

すみません、すこしおふざけが過ぎました。
ですが、法と道徳の違いは簡単に言うとこういうことなんですね。

つまり、法は違法行為に対して国家による何らかの強制手段を持っているのに対し、道徳は個人の自発的意思によって守られるものなんです。

また、言葉を変えると
法は外面性を重視し、
道徳は内面性を重視する
と言うことも出来ます。

 

ドクターキリコが患者の望み通りに安楽死を請け負ってもそれは違法になります。まぁ、道徳的に正しいともいえるか分かりませんが。
※何を言ってるか分かんないという人は、『ブラックジャック』を読むことをオススメします。

 

道徳さんを悪く言い過ぎたので、今度は道徳さんのいいところも紹介しますね。

児童生徒が,生命を大切にする心や他人を思いやる心,善悪の判断などの規範意識等の道徳性を身に付けることは,とても重要です。   

道徳教育:文部科学省http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/doutoku/www.mext.go.jp

より引用させていただきました。

つまり、道徳さんのおかげで生命を大切にする心や他人を思いやる心、善悪の判断が出来るようになるんですね。すごーい(棒)。
(…じゃあ、なんで ピー(自主規制) な人がいるんでしょうね(小声)

 

まぁ、何はさておき

法は義務の強制が可能!
道徳は義務の強制が不可能!

ということですね!

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

次回は、道徳ジレンマについて考えるということで、トロッコ問題、歩道橋問題を取り上げようかと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☺