これからどんなブログを作っていくのか。これまでの反省と今後の目標。

みなさんこんにちは、ねるです。

今回は、ブログを書いていく上で意識したいことをまとめたので、紹介しようと思います。これからブログを書こうと思っている人はもちろん、文章を書くことに苦手意識を持っている人にも読んでほしい記事です。

 

目次

はじめに

僕は、文章を書くのが大の苦手でした。いや、今でも苦手です(笑)

「どのように書けば相手に理解されるのか。」なんてレベルの高い悩み以前に、「何から書けばいいんだろう」と、画面の前で長時間沈黙していることも少なくありません。

 

「文章力を上げたい」と思って始めたブログなのに、このままじゃダメだと思い、ブログを一時中断し、文章力を上げてくれそうな本を読みあさっていました。

(読んだ本は記事下部に挙げています。)

 

本を読んだだけでは、文章力が上がらないことは当たり前の話ですが、何となくこういうふうなことを意識すればいいのかなと思うくらいには成長できたと思います。

 

そんなわけで、超ざっくりにはなりますが、自分なりにまとめた「文章を書く上でのポイント」を紹介します。

 

とりあえず結論

僕が目指す文章は、「シンプルで分かりやすい文章」です。

そのために、「結論⇒理由+例示⇒結論」を意識します。今後の記事では、「とりあえず結論(仮)」の部分だけ見れば、言いたいことがなんとなくは分かるような記事にします。

そして、「とりあえず結論(仮)」の部分を読んで「なんで?どうして?」と興味を持ってくれた人には、理由を読んでもらい納得してもらいます(納得してもらえるように頑張ります)。

最後にもう一度結論を提示するのは、結論を読者に印象付けるためです。これまでの記事では、おわりにの部分は簡潔に終わっていましたが、これからは結論やまとめをしっかり書こうと思います。

 

シンプルで分かりやすい文章にするために

ここからは、具体的に「シンプルで分かりやすい文章にするためのポイント」を紹介します。

 

相手に考えてもらい行動してもらう

まずは、読者が文章に入り込めるように問いかけを増やそうと思います。

たとえば、「なぜ……?」とか「想像してみてください。」とか。

 

この記事だったら、「想像してみてください。毎日気持ちよく起きられる朝を。」的な(もっと練習が必要ですね(笑))。

nerumaga.hatenablog.jp

 

読む⇒反応する

で終わらせず

読む⇒反応する⇒「行動を起こす」

読者の心を動かし、行動してもらうまでをゴールとします。

迷ってる人、悩んでいる人の背中を押すブログにしたいです。

 

誰に何を伝えたいかを意識する

当たり前のことのように見えますが、意外とできていない人が多いように思います。

「こういう人に伝えたい」というのを明確にすることで、説得力が増し、思いが伝えやすくなります。逆に、これを決めていないと、自分自身でも何が言いたいのかよく分からなくなります。

 

そもそも、すべての人に完璧に伝えるなんて絶対に無理なこと。

たとえ100人中100人に喜ばれる記事でなくても、その中の10人の心に響けばいいのだと割り切ってブログを書いていこうと思います。

 

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

ということで、今後はシンプルで分かりやすい記事を書けるように努力していこうと思います。

 

そのために、

  • 一記事ずつ、伝えたい人に集中する
  • 相手に行動してもらうまでがゴール

を徹底していきます。

 

この記事がいいね!と思ったら、記事下の★ボタンを押していただけると嬉しいです。感想やアドバイス、批判も大歓迎です。よろしくお願いします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☺

 

最後にお世話になった本を紹介

とりあえず1冊買うならこれ☟

 

商品紹介型のアフィリエイトがしたい人にはこれ☟

人を操る禁断の文章術

人を操る禁断の文章術

 

 

 本格的に学びたいならこれ☟

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

 

 

 文章を書いている途中で行き詰まるという人はこれ☟

超スピード文章術

超スピード文章術

 

 

 シンプルで分かりやすい文章を書きたいという人はこれ☟

 

 文章をブログの形で書きたいという人はこれ☟

武器としての書く技術 (中経出版)

武器としての書く技術 (中経出版)

 

 

 文章のみでなく、ブログのカスタマイズの仕方についても知りたいという人はこれ☟